鬼滅の刃がとにかくオモシロイ❗

 
オモシロイ理由はズバリ、

登場人物が”異常者の集まり”

というキャラクターの魅力によるところが大きいと思います❗

 
なので独断と偏見で鬼滅の刃・異常者ランキングを考えてみました。

異常者ランキング:10位〜4位

それでは10位からいってみたいと思います❗

黒死牟
 
なんと言っても顔の怖さが異常です💦

 
目が6つもあることで、
十二鬼月の中でも抜群の圧力を感じますね。

 
いかにも侍らしい佇まいと、顔の怖さが相まって最強の鬼に相応しい風格があります❗

 
上弦の壱の名に恥じない堂々たる風貌です❗

煉獄 杏寿郎
 
まばたきが異常に少なさそうなのでランクイン❗

 
脳内が「うまい」に支配されながら駅弁を平らげる登場シーンは圧巻でした。

 
まばたきも少なさそうですが、
ともすると瞳孔も常に開きっぱなしなのかもしれません。

 
そんな人怖いですよね💦

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃ちゃんはときめき方が異常です💦

 
個人的には『鬼滅の刃』で一番の推しのキャラなのですが、
いわゆる一般的に”恋愛体質なバカ女”がモデルになっていそうな気がします(^^;

 
自分自身に何もないから他者にときめいてばかりいるような、
依存度の強さが伺えます。

 
鬼殺隊に入った動機も「添い遂げる殿方を見つける為」と他の隊員たちとはひと味もふた味も違います❗

 
原宿でスカウトされてAV女優になってしまいそうな危うさが魅力ですね^^

竈門炭治郎
 
主人公・竈門炭治郎も間違いなく異常者の部類に入ります。

 
とにかく優しくて意志が固くて、
こんな人が側にいたら自分と比較して、
自分のチンケさを痛感してしまいそうです。

 
誰からも好かれてしまいます。

 
こんな風に優しさと意思の強さが共存キャラは他にみませんね。

愈史郎
珠世への心酔度合いが異常な愈史郎。
 
wikiによると、若く見えるけど実年齢は35歳と❗
 
言動の子供っぽさが見た目のまんまである。
慕っている人と常に一緒にいられるのである意味幸せなポジションかもしれませんね。
 
ただ、どんな幸せにも永遠は存在しないのが世の常ではありますが…
悲鳴嶼 行冥
人間として強さが異常です❗
 
鬼に襲われるまでは自分の強さを知らずに生きていたという猛者❗
 
夜が明けるまで鬼の頭を殴り潰し続けたという、その実行力❗
 
常に念仏を唱えるという得体の知れなさも相まってかなりの異常者と認定できます❗
継国縁壱
人の理の外を生きる継国縁壱❗

 
なんと言ってもカッコよさが異常です❗

 
老体になってしまっても上弦の壱を追い詰める剣技と、その死に様❗

 
このシーンのためだけに生み出された!?
という位カッコイイですよね❗

 
これだけカッコイイキャラで、
物語上は非常に重要な役割ではあるものの、
それほど登場回数が多くないのも惹かれます。

 
吾峠呼世晴先生のセンスが、
この継国縁壱にギュッと詰まっていることを感じるキャラです^^

異常者ランキング:3位・2位

ここまででも十二分に濃いキャラクター達を紹介してきましたが、
ここからは更にぶっ飛んでいるキャラクター達を紹介するので楽しんでいってください^^

胡蝶 しのぶ
初対面の鬼にこの距離感

近すぎます❗

まさしく異常者❗

 
おっとりとしながらも、
背後から近づかれてこの距離感まで来られたら、
鳥肌ものの警戒を感じてしまうはずです。

 
その後に続く挨拶が秀逸で

「こんばんは 今日は月が綺麗ですね」

って、えぇぇぇ!? 何その挨拶は!?
と驚いてしまうはずです。

 
終始穏やかな表情ながらも、
内にかなり歪んだ感情をもっている、
胡蝶しのぶらしさが表れているシーンだと思いました。

鋼鐵塚 蛍
鬼殺隊の刀鍛冶『鋼鐵塚 蛍』が2位にランクイン❗

 
刀への愛情が異常すぎますね(^^;

 
37歳の男性とは思えないほど癇癪を起こしては、
20歳以上も年の離れた竈門炭治郎を追いかけ回したりします。

 
刀鍛冶をしていなかったら、
ネットニュースでよく話題になるようなイタイ大人そのものです。

 
思い通りにいかないことがあると、
他者を巻き込んで攻撃的になってしまう類の。

 
しかしながら、
鬼に攻撃されながらも手を止めることなく刀を研ぎ続けることができるので、
一本筋の通った異常者あるのも確かです。

 
一緒に仕事をしたくないタイプの人であることは間違いないですね(^^;

異常者ランキング:1位

産屋敷 耀哉
異常者中の異常者❗

 
異常者集団の先頭をぶっ千切る、
異常者たちのトップオブトップ❗

 
鬼舞辻無惨に対して異常なほどの執念を持つ❗

 
中でも一家心中・無理心中とも思える自らを囮にした自爆で、
妻や幼い子どもたちも道連れにするほどの執念❗

 
常軌を逸するとはまさにこのことだと思います。

 
また、お館様の最後の言葉が

「ありがとう 無残」

と、憎しみ抜いた敵へ、
感謝の言葉であるあたりも、
親方様が只者ではないことを物語るのに良いエピソードだと思います。

 
これくらいぶっ飛んでいないと下の者たちに慕われないのでしょう。

 
半端ないカリスマです❗

異常者ランキング:番外編

鬼舞辻無惨
お館様が異常すぎて、
一周回って常識人のような気がしてきた鬼舞辻無惨。

 
残虐性とか自己中心性は確かに比類ないものですが、
確かに無残様は天災だと思えばやり過ごせないこともないかもなと。

 
自己愛が強すぎはしますが、
やっぱりお館様は異次元の異常者っぷりだと再認識しました^^

鬼滅の刃全般についてのまとめはコチラ

甘露寺蜜璃ちゃんのまとめはコチラ

おすすめの記事