あらすじ

【ただの“いじめ”ではありません。】 仲島は、クラスで「いじめっ子」として君臨していた。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。 暴虐の限りを尽くし、毎日のように彼女はいたぶられた。その状態をクラスの皆は見て見ぬふり。 止めようものなら、次は自分が標的になってしまうから。憑りつかれた様に「いじめ」を行う仲島。 その様子は明らかに何かが狂っていた。なぜ、彼は蛮行に及ぶのか。その実態は恐るべきものだった――

マガポケ 作品紹介ページからの引用

51話 ネタバレ・あらすじ

いじめ現場をあえて撮影させたのは、
ミスコンの舞台でカウンター攻撃を仕掛けるため。

仲島は生徒会のいじめ現場を抑えようと画策している。

しかし、
いじめが行われている現場である生徒会室にはなかなか近づけない。

見張りがいるのである。

その見張りが思いの外有能であったためなかなか仲島の思い通りにならない。

青山は木の上で花嫁修業の本を読んでいる。

その下を仲島と加藤が通りかかり、
見張りを突破できずにいじめ現場の撮影ができていないことを嘆く。

ちょうど青山が読んでいたところに、

「妻は夫から3歩下がって歩くべし」

と書かれていた。

青山はコレだ!と思い、

見張りの突破を試みようとする。

51話 感想・考察:先鋒戦は青山さん VS ポチ!?

仲島のクラス VS 生徒会の構図で見ると、
先鋒戦は青山さん VS ポチって感じですかね。

中堅戦あたりで加藤が暴君として復活するような胸アツ展開も期待です^^

今回読んでいて気がついたのですが、
青山さんのシャツ出しの着こなしがちょっとソソる感じでいいですね。

ちょっとルーズな感じながらも、
なぜか仲島に献身する姿勢がキャラとして確立されていて好きです。

前話はコチラ ↓↓↓

いじめるヤバイ奴をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事