あらすじ

【ただの“いじめ”ではありません。】 仲島は、クラスで「いじめっ子」として君臨していた。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。 暴虐の限りを尽くし、毎日のように彼女はいたぶられた。その状態をクラスの皆は見て見ぬふり。 止めようものなら、次は自分が標的になってしまうから。憑りつかれた様に「いじめ」を行う仲島。 その様子は明らかに何かが狂っていた。なぜ、彼は蛮行に及ぶのか。その実態は恐るべきものだった――

マガポケ 作品紹介ページからの引用

53話 ネタバレ・あらすじ

加藤は青山が撮影した生徒会のいじめの様子を写した動画を田中に見せる。

 
「悪者…!!」

 
とゾッとする田中。

 
そして加藤は会わせたい人がいると教室に呼び込む。

 
仲島だった。

 
仲島から生徒会打倒のために手を組まないかと提案を受ける田中だったが、
到底受け入れられないと断る。

 
生徒会を倒すためには手を組むしかないと加藤からも助言がはいる。

 
仲島はあらかじめ担任の阿部に生徒会のいじめのことを伝えてはいたが、
副会長の如月の父が多額の寄付を学校にしているため、
もみ消されるのがオチだと諭される。

 
「この学校 お前が思ってるよりはるかに腐っているぞ 仲島」

 
と。

 
加藤からの助言で、
田中は歴史上の人物に重ねるのが好きだと聞いていた仲島は、
薩長同盟を持ちかける。

 
木戸が仲島、
坂本龍馬が加藤、
西郷隆盛が田中と。

 
田中と仲島は生徒会を倒すまでは一旦停戦することに合意する。

 
合意には至ったが田中の表情はいまいち冴えなかった。

 
田中は自分は新選組だというこだわりが強かった。

 
一方で生徒会室には緑田が連れてこられていた。

 
如月にいじめの自作自演をしているところを見つけられ、
緑田はいじめ奴隷にされそうになっている。

53話 感想・考察:気になる緑田と田中の今後

あいかわらず展開の速さが良いテンポですよね。

 
それにしても、
生徒会に捕まってしまった緑田は、
いじヤバ史上もっとも凄惨ないじめを受けてしまいそうで、
気がかりです(^^;

 
何回かメインとして登場しているキャラなので、
それなりに愛着が湧いてしまうんですよね。

 
田中も暴走気配がありますね。

加藤を立てたのか一応薩長同盟は合意したものの、
本心では納得がいってないみたです。

 
新選組への憧れは止まらないみたいですね。

今週一番ウケたところ!

「この学校 お前が思ってるよりはるかに腐っているぞ 仲島」

 
阿部先生のこの無責任さが笑えました。

 
ことなかれ主義というのか、
面倒事は徹底的に避けるというのか。

 
これぞ悪い意味での大人の対応というやつでしょう。

 
流石の仲島も呆気に取られている感じですね。

 
こういう臭いものにフタをする態度というのは、
現実世界でもよく見られますよね。

 
キャラ的にこういうのは全然嫌いではないので、
今後の出番も楽しみにしています。

前話はコチラ ↓↓↓

いじめるヤバイ奴をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事