あらすじ

【ただの“いじめ”ではありません。】 仲島は、クラスで「いじめっ子」として君臨していた。いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。 暴虐の限りを尽くし、毎日のように彼女はいたぶられた。その状態をクラスの皆は見て見ぬふり。 止めようものなら、次は自分が標的になってしまうから。憑りつかれた様に「いじめ」を行う仲島。 その様子は明らかに何かが狂っていた。なぜ、彼は蛮行に及ぶのか。その実態は恐るべきものだった――

マガポケ 作品紹介ページからの引用

65話 ネタバレ・あらすじ

加藤の豹変ぶりに頭の整理が追いつかな岩瀬。

 
素手での戦いでは加藤に分がありそうだ。

 
岩瀬は教室のドアを外し、ドアを振り回して応戦しようとするも、
加藤は黒板を外して対抗する。

 
加藤は自身をアフリカゾウに例え、
対する岩瀬をライオンに例える。

 
アフリカゾウの硬い皮膚、圧倒的なパワー、
ライオンに負ける可能性はゼロだと加藤は勝利宣言をする。

 
黒板で岩瀬をぶっ飛ばしたあと、
田中を見舞う加藤だったが、
背中を見せた隙きに岩瀬からスタンガンを喰らう。

 
オチるすんでのところで踏ん張り反撃する加藤。

 
加藤にとって、
身動きの取れない状態で歯を抜かれる痛みに比べれば、
電撃は何もされていないに等しい。

 
仲島の元に駆けつけようとする加藤だったが、
急な筋肉への負荷をかけたせいか体が動かなくなる。

 
そこに白咲が現れる。

65話 感想・考察:

加藤の圧勝は予想通りの展開でしたね。

 
それにしても、
『いじヤバ』はテンポよく伏線回収していくから楽しいですね。

 
ひっぱりが適度なのが良いです。

 
さてさて、
白咲が加藤の前に現れてしまいましたが、
また廃人加藤に戻るのでしょうか(^^;

 
土台がギャグ漫画なのでなんでもアリで良いですね。

 
白咲の表情からすると、
ある程度事態がどうなっているかはお察しのようですよね。

 
次回はミスターコンの結果が発表されそうです。

 
ピンチの仲島に救いはあるのか楽しみです。

 
どのみち白咲からの制裁からは免れることはできなさそうですが(^^;

 
来週も楽しみです。

前話はコチラ ↓↓↓

いじめるヤバイ奴をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事