たみふる先生/付き合ってあげてもいいかな より引用

あらすじ

わたし、女の子と…シタいかも。

超モテるのに「好きな人を両想いになったことがない」パッと見いい女の みわ。
絶対友達にならないタイプ!と思ったお調子者の冴子と急接近、なんだかちょっと新しい扉が開いちゃう感じ…?
軽音サークルの仲間たちと織りなす、ホンネの女子大生ガールズラブ!

 

第24話 主要人物

犬塚みわ

志帆先輩

第24話 ネタバレ・あらすじ

高校の同窓会にきているみわ。

みわがロングの頃を知っている同級生たちに、
今のショートも評判は上々のようだ。

話題の中心は恋バナ。

お手洗いで一人、
相変わらず恋バナは苦手だなぁと思っていたら、
志帆先輩が入ってくる。

久しぶりの再開。

ここからはみわの高校生の頃の回想シーン。

運動が得意ではないみわは、
テニスのアドバイスを志帆先輩から受けている。

お姉さん感のある志帆先輩にみわは好感をもっている。

みんなの事を平等に好きなのに、
異性に対してだけは”恋”と名付けられる圧力に、
みわは少し怖さを感じていた。

恋の話をしているときが、
友人たちも盛り上がってくれるからなんとなく合わせるようになる。

ある日化学の補講を受け、
全然理解ができなかったみわが、
泣きながら部室に入ってくる。

そこに志帆先輩がいて、
勉強を教えてもらった。

それからみわと志帆先輩は話す機会が増えた。

一方で、
最近よく学校の外に同じ車が停まっていて、
気味の悪さを感じるみわ。

自宅で洋ドラを観ているみわ。

たまたまその回が女性同士で恋をしている内容だったが、
その回を観たみわは自身も女性に恋をしていることを自覚する。

第24話 感想:車の正体は!?

たみふる先生/付き合ってあげてもいいかな24話より引用

とにかくみわの高校生の頃の絵がかわいい。

絶妙にもさい感じが最高。

髪の長さだけでここまで印象に違いを出せるたみふる先生の描き分けはすごいですね。

時折見せる志帆先輩の諦めの表情と、
不審な車は関係があると思って読んでいました。

志帆先輩は援交だとかパパ活の類をしているのではと。

その相手が不審な車の持ち主ではと。

ちょっと見せ方の違いで印象をガラッと変えることのできる画力もすごいと思うし、
共感力の高い言葉の表現もたみふる先生の魅力だと思います。

テニスで空振りしているみわに同級生たちが

「存在に嫌味がなさすぎる…」

ってこの言い回しが上手いと思いました。

今話では他にも上手い言い回しがいくつもあったのでぜひ読んで欲しいです。

”付き合ってあげてもいいかな”をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事