あらすじ

わたし、女の子と…シタいかも。

超モテるのに「好きな人を両想いになったことがない」パッと見いい女の みわ。
絶対友達にならないタイプ!と思ったお調子者の冴子と急接近、なんだかちょっと新しい扉が開いちゃう感じ…?
軽音サークルの仲間たちと織りなす、ホンネの女子大生ガールズラブ!

 

第25話 主要人物

犬塚みわ

志帆先輩

第25話 ネタバレ・あらすじ

前話に続きみわの高校生時代の回想編。

海外ドラマを見て女性への恋心を自覚するみわ。

テストが近づき、
テニス部の同級生たちも志帆先輩に勉強を教えてもらいたがっていたが、
できるだけ二人の時間にしたいがために、
同級生たちには適当にごまかしてしまう。

志帆は志帆で放課後の部室での時間に自分の居場所を見出していた。

ある日クラスメイトたちとカラオケに行くことになったみわ。

思いの外楽しめたので志帆ともカラオケに行けないか誘ってみる。

土日は予備校で忙しく、
平日も部活が終わったら予備校へ。

みわが不審に思っていた車の正体は志帆の迎えだった。

そこでみわは、
部活の時間帯にこっそり抜け出してカラオケに行くことを提案する。

実質初デートをすることになり、
その時間を愛おしく楽しむみわ。

学校に戻ると志帆の家の車が停まっていた。

みっともないところを見られたくない志帆はみわに早々に帰ってもらう。

その翌日から志帆は部室にも部活にも顔を出さなくなる。

前話についてはコチラ ↓↓↓

第25話 感想:嘘とか誤魔化しが下手なみわがカワイイ

前話で部活のテニスで盛大に空振りするみわも可愛かったですが、
今話でもところどころで言い訳とか誤魔化しをする、
その下手さ加減がまたカワイイですね。

あと自分の気持がすぐ表情に出てしまうのもかわいい。

こういう人って身近にいたりすよね。

カラオケのお誘いがうまくいかなくて態度に出てしまうみわ。

いかにも初恋っぽく儚く終わってしまいそうな感じですが、
再会した志帆先輩もそれなりに元気そうなので、
いい思い出として振り返ることができるんじゃないでしょうか。

マンガとはいえ、
そこまで”ありえない”って感じのキャラもいなくて、
心理描写とか結構共感できるところが多いので楽しく読めますね。

次回以降も楽しみ。

”付き合ってあげてもいいかな”をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事