あらすじ

わたし、女の子と…シタいかも。

超モテるのに「好きな人を両想いになったことがない」パッと見いい女の みわ。
絶対友達にならないタイプ!と思ったお調子者の冴子と急接近、なんだかちょっと新しい扉が開いちゃう感じ…?
軽音サークルの仲間たちと織りなす、ホンネの女子大生ガールズラブ!

 

第28話 主要人物

犬塚みわ

志帆先輩

猿渡冴子

第28話 「君のための嘘」 ネタバレ・あらすじ

志帆先輩からのお誘いをしどろもどろになりながら、
明日はバイトで朝が早いからと断ったみわ。

 
志帆先輩の誘いを断ったのは初めてのことだった。

 
今日再会するまでは素っ気なかったので、
ラインの交換も社交辞令のように感じてしまうみわっだが、

「犬塚にはそんないい加減なことしないよ」

と、ラインだけ交換して別れるみわと志帆先輩。

 
志帆先輩と別れたあと、
冴子に会わなきゃいけないと思い始めたみわは、
冴子の家の駅の近くまで来ていた。

 
急に訪ねてくるなんて今までなかったから、
明らかに同窓会でなにかがあったと思う冴子。

 
冴子に会って安心したかったのも本音だし、
流されそうになった自分に対する罪滅ぼしのつもりでも冴子に会いたかった。

 
はっきりと気持ちの整理がついていないことはみわの表情からも明らかだったけど、
それでも会いに来てくれたことへの嬉しさもある冴子。

 
「好きならしてよ」

とみわにキスをせがむ冴子。

 
ちょっと間ができてから罪悪感の気持ちを持ちながら冴子にキスをするみわ。

 
そんなふうに夏休みは終わった。

前話についてはコチラ ↓↓↓

第28話 感想:みわの素直さに息苦しくなる

志帆先輩の誘いの断り方も、
ラインひとつを交換するだけでも、
いちいち呵責に感じるみわがいじらしいですね^^

 
いじらしくもあり、
一方で、
自分だけは正しい行いをしないといけない、
みたいな思い込みも強そうですよね(^^;

 
そういえば、
最近でこそコミュニケーションスキルの上達が著しいみわだけど、
もともとは超がつくほど対人関係が不器用なところがありました。

 
久々にその片鱗をみた気がしますね。

 
今回は大きな嵐を迎えることなく事なきをえましたが、
もしまた志帆先輩からの連絡があったらかなり危険な匂いがしますね^^

 
タイミングによっては堰を切ったように流されてしまうこともありそうです。

 
今のみわと冴子の二人の感情の機微は、
文字よりもたみふる先生の画力のほうがちゃんと感じるものがありますね。

 
このちょっとしたズレみたいなものが、
これから秋が始まるなかでどんなふうに変化していくか楽しみです。

”付き合ってあげてもいいかな”をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事