あらすじ

吉田さんは美人です。
吉田さんはモテます。
吉田さんはちょっとヘンです。
吉田さんのことが…僕は好きです。

小虎先生/裏サンデーより引用

135話 主要人物

篠山誠

北見ゆう

135話 ネタバレ・あらすじ

前話から引き続きゲームセンター内にて。

猫耳黒フードの者は少し山中大学内の事件のことは知っている様子。

どうやら高校生のようだが、
真面目に学校に通っているようではなさそうだ。

篠山もあまり学校に行っていなかったということで、
猫耳黒フードの者は親近感を覚えた様子。

一緒にゲームをすることになる。

ゲームだけじゃ飽き足らず、
結局篠山に付いていってしまい、
篠山の家でまたゲームをすることに。

篠山が

「家族が心配するだろうから」

帰宅を促すまで帰るそぶりを見せない。

篠山との間に共通項があることで、
親近感を覚えたようだが、
当の篠山は仲間意識を持たれたことにイラッとする。

ここまでが135話。

135話 感想

篠山がイラッときた理由は恐らく同族嫌悪的なものかと思いました。

あるいは、
かつてのダメダメだった時の自分を思い出す存在として、
北見ゆうを見てしまっているからのものかと。

それと、
弱者に対して自然と沸き起こる感情の一つとして、
イラッときてしまったのか。

北見ゆうは一人称は「オレ」だけど、
ひょっとしたら女性の可能性もあるなかなと、
絵を見て思いました(^^;

服装がちょっと女子っぽくて、
強がるために「オレ」って読んでいるのかなと。

今後、
北見ゆうが物語にどのように絡んでくるのか楽しみです^^

1巻の伏線とか謎はコチラから ↓

圧勝をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事