あらすじ

吉田さんは美人です。
吉田さんはモテます。
吉田さんはちょっとヘンです。
吉田さんのことが…僕は好きです。

小虎先生/裏サンデーより引用

主要人物

吉田ユニ

篠山誠

ネタバレ・あらすじ

吉田さんと篠山にオフ会に行ったときの様子を語る北見ゆう。

 
篠山は”めんどうな子”と思って見下していたところもあったが、
自ら友達を作りに行ったその行動力に感心し、
少し焦りの気持ちも出てくる。

 
北見ゆうは吉田さんとはすでに友達だと前置いて、
友達の作り方を共有しようとラインを交換する。

 
吉田さんの目にうっすらと涙が浮かび、
焦る篠山と北見ゆう。

 
「優しい女の子うれしい」

と喜ぶ吉田さん。

 
北見ゆうはギルドの打ち合わせがあるということで、
唐突に帰ってしまう。

 
篠山は北見ゆうの自由なところ山崎を思い出す。

 
吉田さんと部屋で二人きりになった篠山。

 
どこか体調の悪そうな吉田さん。

 
不意に吉田さんが聞いてくる

「私がこの見た目じゃなかったら、友達になってくれる?」と。

感想:吉田さんの目に涙!?

これまであまり感情大きく感情を見せることが少なかった吉田さんの涙には驚きますね。

 
文脈的に言えば嬉し涙の部類に入りそうですけど、
確信までは持てませんね(^^;

 
篠山と北見ゆうが友達関係にあることも、
どこか不満に思っていそうな吉田さんです。

 
一般人とは友達の定義の解釈に違いがありそうですが、
近々明らかになるのではと推測しています。

今後の展開予想:吉田さんの友達の定義がハッキリするかも

「私がこの見た目じゃなかったら、友達になってくれる?」

吉田さんの中ではセックスをした = 友達
といった解釈のようなので、
篠山がセックスを求めてこないのは、
見た目がタイプではないからと解釈していそうですね。

 
一方で、
篠山が吉田さんに好意を寄せるのは、
少なからずその見た目も大きく作用しているはずです。

 
吉田さんからの問に、

”この見た目じゃなくても友達になっていますよ”

と答えたりするともっと二人の関係はややこしくなりそうですね(^^;

 
是非ここいらで篠山には吉田さんに友達の定義をハッキリと突っ込んで欲しいですね^^

『圧勝』の今後も楽しみです❗

過去の伏線とか忘れてしまった設定はコチラから ↓

前の話のネタバレ・考察はコチラ ↓

圧勝をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事