あらすじ

吉田さんは美人です。
吉田さんはモテます。
吉田さんはちょっとヘンです。
吉田さんのことが…僕は好きです。

小虎先生/裏サンデーより引用

主要人物

吉田ユニ

篠山誠

ネタバレ・あらすじ

篠山の頬にキスをする吉田さん。

 
篠山は少し照れたあとに複雑な気持ちになる。

 
篠山にとっての”特別な人”は、
吉田さんにとっては”友達”という認識になる。

 
吉田さんは”友達”とこういうことをすることと、
”友達”は男の人のほうが多いことに、
埋まらない価値観の差を感じてしまう篠山。

 
吉田さんは篠山を連れて駅前まで行く。

 
駅前を歩いているその他大勢の人たちより、
”友達”は特別ではないの?と篠山に聞く吉田さん。

 
篠山は篠山のやり方で吉田さんと友達になろうと思うが、
吉田さんにはさっぱり理解してもらえない。

 
篠山のことがわけわからなくなった吉田さんは、
その場から去ろうとして、
そこに上野犬助が現れる。

 
上野犬助に自分が間違っていないことを確認した吉田さんは、
その場から去っていった。

感想:次回、上野犬助は何を語る?

ここから段々と吉田さんの存在の秘密が明らかになりそうですね。

 
現段階で吉田さんのことについて一番詳しそうな上野犬助が篠山と再会しました。

 
さらには吉田さんとの関係を”身内”と篠山に告げていました。

 
物語を進める意味でも、
上野犬助にはもっと吉田さんについて語って欲しいところです。

 
ちなみに駅前で吉田さんが篠山に特別について聞くシーンは、
映画みたいな迫力がありましたね!

「友達はここにいる人達より、特別なものではないの?」

急にそんなこと聞かれたら答えに詰まってしまいますね(^^;

 
強いて答えるのであれば、

「ここにいる人たちよりは特別だけど、体の関係を持つほど特別ではない」

みたいな答え方でしょうか。

 
はやく目が赤い族の目的や出自を知りたいところです^^

過去の伏線とか忘れてしまった設定はコチラから ↓

前の話のネタバレ・考察はコチラ ↓

圧勝をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事