あらすじ

吉田さんは美人です。
吉田さんはモテます。
吉田さんはちょっとヘンです。
吉田さんのことが…僕は好きです。

小虎先生/裏サンデーより引用

主要人物

吉田ユニ

篠山誠

ネタバレ・あらすじ

篠山たちの元から走り去っていった吉田さん。

 
うっかり通りがかりの人にぶつかってしまう。

 
その通りかかった男性は吉田さんに一目惚れをし、
お茶に誘ってしまう。

 
「いいよ。あなたもどうせ死ぬんでしょ。」

と誘いにはのる吉田さん。

 
海月サンゴは自室にて電話にでていた。

 
通話の相手を”上野さん”と呼んでいる。

 
サンゴは上野さんにそろそろ戻って来るようにと言われている。

 
その頃、
北見ゆうは家でゲームをしていた。

 
ギルドのチャットが届いて中を確認すると、
ホシオが北見ゆうのコラを使った画像で吹聴をしているというのだ。

 
殺意を覚える北見ゆう。

感想:”上野さん”はあの上野先輩!?

今話はまた新たな伏線というか、
気になるポイントが出てきましたね。

 
サンゴが通話していた”上野さん”とはあの上野先輩なのでしょうか。

 
目黒刑事との回想シーンでの上野先輩は快活で、
とてもサンゴと話している人とは同一人物とは思えないからです。

 
「外出実験のデータもとれたわ」

とか、

「そう、残念ね」

と話し言葉も女性口調なので、
やはりあの上野先輩かもしれません。

 
「犬助に会った?」

という謎の問いかけも気になります。

 
前話で出てきた上野犬助のことを指しているのではないのでしょうか。

 
それに対してのサンゴは、

「彼は死にましたよ」

と答えます。

上野犬助とサンゴが一緒にいるシーンは何度も描かれているので、
上野犬助がどういう存在なのかがますます謎が深まった回でした。

 
過去の伏線とか忘れてしまった設定はコチラから ↓

前の話のネタバレ・考察はコチラ ↓

圧勝をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事