あらすじ
帝王に老いの影が忍び寄り、
不穏な影に包まれる寿司の帝国!

後継者の座を巡り壮絶な腕比べが始まる!

さあ、寿司の時間だ!

寿エンパイア 主な登場人物

松田湧吾・アービング:ハワイ育ち 19歳 母・美咲は元寿司職人

華山剣蔵:江戸時代から続く老舗寿司屋『華山』の4代目

雅:人を狂わせる魔性の寿司を握る。17年前に華山家に迎え入れられる

鶴岡真理:竹部の娘 朝里の姉 

橋元隆:地下厨房の統括をしている

藤原幸太郎:『華山』の見習い職人

第11話「相棒」:あらすじ

唐突に藤原に「若獅子杯」への参加を誘われ戸惑いを隠せない湧吾。

 
藤原が湧吾を誘った理由はシンプルに、
「すしくらべ」で食べた湧吾の寿司が美味しかったからだ。

 
湧吾からすると急な誘いになるし、
藤原からチャラついた雰囲気を感じ今一つ話に乗り気になれない。

 
そんな湧吾に藤原は、翌朝一緒に豊洲市場へ行こうと誘いをかける。

 
初めての豊洲市場に湧吾は目の色を変える。

 
「若獅子杯」へは『華山』からも何名か参加し、
目の敵の橋元も出場すると知らされる。

 
一緒に豊洲市場を回りながら、
藤原の生い立ちも聞くことができて、
藤原の寿司への情熱は本物だと確信する。

 
湧吾と藤原はコンビを組むことになり、
一緒に優勝を狙うことにする❗

久々の寿司ネタで俄然面白くなってきた❗

ここ最近の回は湧吾の不遇をメインに描いていましたが、
今話の船橋の『スズキ』の話はめちゃくちゃ美味しそうでしたね^^

 
せっかく日本文化の寿司をテーマにしているので、
今回みたいな話は大歓迎です。

 
マンガワンのコメント欄でも、
いつもより好意的なコメントが多く目立ちます。

 
読んでいてい、単純に、

(旨そう〜)

ってなれるマンガっていいですよね!?

 
こだわりが強すぎて説明調が長くなってもしんどいのですが、
今回のスズキの話はちょうど良かったです。

 
湧吾も、より明確な目的が見えたことで、
地下厨房でのしごきに対しても強く心を持てると思います。

 
まだまだこれから面白くなっていくと思うので、
応援していきたいと思います。

おすすめの記事