あらすじ
帝王に老いの影が忍び寄り、
不穏な影に包まれる寿司の帝国!

後継者の座を巡り壮絶な腕比べが始まる!

さあ、寿司の時間だ!

寿エンパイア 主な登場人物

松田湧吾・アービング:ハワイ育ち 19歳 母・美咲は元寿司職人

華山剣蔵:江戸時代から続く老舗寿司屋『華山』の4代目

雅:人を狂わせる魔性の寿司を握る。17年前に華山家に迎え入れられる

鶴岡真理:竹部の娘 朝里の姉 

橋元隆:地下厨房の統括をしている

藤原幸太郎:『華山』の見習い職人 湧吾の相棒 愛称は”コーちゃん”

第13話「予選後半」:あらすじ

若獅子杯の予選後半戦は握り部門。

 
課題は旬の『鯵』

 
握りは湧吾が担当し、藤原からは

「映えるヤツ頼むぜ!!」

と託される。

 
さっそく橋元のコンビが寿司を完成させる。

 
格子状にキレイに包丁が入っており、
生姜とあさつきが食欲をそそる寿司になっている。

 
続々と他のペアも寿司を完成させる。

 
様々な経歴を積んできた猛者たちの集まりに、
湧吾は同時代に生きていることの喜び、
日本に来てよかったこと、
そんな想いを込めて寿司を握る。

バリエーション豊かな鯵の握り

最後の一コマの

「エンジョイ!!」

のインパクトが強すぎましたが、
個性豊かそうな他のキャラクター達も気になりますね。

 
この若獅子杯編が終わったあとも登場して、
湧吾たちとしのぎを削っていくのでしょうか!?

 
個人的には、中央区銀座”ほくと”からの北斗・佐村のコンビが気になりました。

 
江戸前の王道の握りで勝負をし、
審査員から称賛されても、

「良い魚ばかりでした」

と謙虚な姿勢を崩さない職人の鑑のようなキャラが良かったです^^

 
バリエーション豊かな鯵の握りが多数描かれていましたが、
どれも美味しそうでしたね。

 
特に食べてみたかったのが、

”鯵のフリット、カレー塩とコリアンダーを添えて”

のお寿司でした。

鯵の南蛮漬けなんてお料理もあるくらいですから、
このお寿司も絶対に美味しそうだと思いました^^

 
シャリは若干酢を強めにして欲しいですかね(^^;

 
橋元との勝負の行方とともに、
ますます面白みが増してきました。

おすすめの記事