あらすじ
帝王に老いの影が忍び寄り、
不穏な影に包まれる寿司の帝国!

後継者の座を巡り壮絶な腕比べが始まる!

さあ、寿司の時間だ!

寿エンパイア 主な登場人物

松田湧吾・アービング:ハワイ育ち 19歳 母・美咲は元寿司職人

華山剣蔵:江戸時代から続く老舗寿司屋『華山』の4代目

雅:人を狂わせる魔性の寿司を握る。17年前に華山家に迎え入れられる

竹部紀夫:剣蔵を「ぼっつあん」と呼ぶ 朝里の祖父

第3話「宮殿」:あらすじ

ハワイから日本に到着し都内を観光する湧吾。

 
街中も電車内もあまりの人の多さに人酔いをするも、
東京がエネルギッシュな街であることを認識する。

 
竹部に連れられ東京華山本店へと入店する。

 
湧吾がネットでよく見ていた華山剣蔵の部屋に通され、
華山剣蔵の寿司を食べることに。

 
最初の一貫目は『春子』。

 
ネタもシャリも仕事もレベルが高すぎることを実感する湧吾。

 
そして湧吾は目の前の華山剣蔵が自分の父親なのではないかと直感的に思い当たる。

 
続いて『細魚』『鰤』『中トロ』と続いていく。

 
「こんな寿司が握れるようになりたいです」と湧吾

 
湧吾に寿司を教えることを了承する華山剣蔵だが、
横で仕事をしている雅はそのことに反応する。

 
雅に湧吾を厨房まで案内するように頼む華山剣蔵。

 
簡単に”華山”で働けるようになってしまった湧吾が気に入らない雅は、
階段から湧吾を突き落としてしまう。

 
湧吾にまずはどれくらい寿司を握れるのか見せるように迫る雅。

雅との第1ラウンド開戦!? ハワイへの帰還は延期!?

思ったより速い展開でした。

 
もう湧吾と雅の直接対戦の口火が斬られるとは思ってもいませんでした。

 
寿エンパイアの本筋は華山の5代目をめぐる湧吾と雅の戦いでもあります。

 
とりあえず2週間は日本に滞在予定の湧吾ですが、
滞在延期は不可避になるのではないかと思います。

 
第1ラウンドでは雅にボコボコにされて、

このままでは帰れない❗

みたいな展開を予想しています。

1貫目の春子

湧吾が華山剣蔵におまかせで頼んだところ、
1貫目は『春子』でしたね。
 

 
華山剣蔵が『春子』をあえて1貫目に持ってきた理由とかあるのでしょうか!?

 
『春子』はその名の通り春先に産まれる本鯛の稚魚です。

 
親子関係を仄めかす意味合いで、
華山剣蔵からのメッセージのこもった一握りだったかもしれませんね。

おすすめの記事