あらすじ
帝王に老いの影が忍び寄り、
不穏な影に包まれる寿司の帝国!

後継者の座を巡り壮絶な腕比べが始まる!

さあ、寿司の時間だ!

寿エンパイア 主な登場人物

松田湧吾・アービング:ハワイ育ち 19歳 母・美咲は元寿司職人

華山剣蔵:江戸時代から続く老舗寿司屋『華山』の4代目

雅:人を狂わせる魔性の寿司を握る。17年前に華山家に迎え入れられる

鶴岡真理:竹部の娘 朝里の姉 

第8話「後継者」:あらすじ

竹部の目の前で倒れてしまった剣蔵。

 
剣蔵は竹部に

「全国に招集をかけろ…」

と指示をだす。

 
華山の全支店長が剣蔵の病室に集まる。

 
剣蔵は難病に罹っていて、
筋組織が萎縮して体を動かすのが難しくなる病気だった。

 
全支店長が揃ってから剣蔵は語り始める。

 
語ったのは華山の跡目の決め方についてだった。

 
「最も旨い寿司を握る人間だ」

血筋も何も関係なく最も目覚ましい活躍をした者に後を継がせると。

 
その場にいた支店長たちのみならず、
下働きも含めての話だ。

 
一方その頃湧吾は店じまいの支度をしていた。

 
帰るところのない湧吾は竹部と朝里の家に泊めてもらうことになった。

 
竹部の家には朝里の他にもうひとり姉がいて、
同じく寿司職人をしている。

 
姉の鶴岡真理は家で料理を作っていた。

物語は一気に跡目争いへ!

てっきり修行編でも始まるのかと思っていたら、
修行には変わりないけど、
いきなり跡目争いを全国規模でする展開になるとは思ってもいませんでした。

 
跡目を争う展開自体はスピーディーで良いと思いました。

 
実際に跡目を継げるのは

”最も旨い寿司を握る人間だ”

ということですが誰がどのように決めるのでしょうか!?

 
まさか剣蔵が独断で一番旨い寿司を決めても、
選ばれた人がもし血縁とか養子とかであれば、
それは周りも納得しきることが難しそうです。

 
今後はどういう跡目を決めたかになるのかも注目ポイントですね。

 
参加者が一斉に”すしくらべ”をして、
それで決めるのが一番公平な結果かもしれません。

 
いずれにしても湧吾は前途多難でしょうね。

 
新キャラの鶴岡真理の腕前もきになるところです(^^;

おすすめの記事