十九島信先生/裏サンデーより引用

あらすじ

立花一平(たちばないっぺい)は高校生。そして、童貞…!

ある日、彼の通う高校に転校してきた、容姿端麗!頭脳明晰!運動力抜群!の完璧女子・音頃綺羅(おところきら)さん。

だが彼女には、大きな”ヒミツ”があった…!

令和はウーマン・リブの時代!真の女男平等ハーレムファンタジー!!

第19男 ネタバレ・あらすじ

立花一平や音頃綺羅のクラスメイトの丸見恵美が声優になっていた。

丸見恵美は男性からの”性的なまなざし”を集めやすい体質のため、
心配した音頃綺羅はマネージャーになることにする。

丸見恵美は実力もあり、
魅力的な容姿も兼ね備えていて、
すぐに注目を集めていった。

そんななか
丸見恵美にヴァーチャルアイドル『キツネアイコ』の声優候補になる。

審査員は超人気声優の”成有空太郎”。

なんとか最終選考の3人まで残った丸見恵美。

最終候補者はなんと全員茶髪ボブの同じ髪型だった。

最終審査の結果3人とも同ポイントで優勝となった。

成有空太郎は超人気声優の立場を利用して、
丸見恵美たちをいいように使っていたのだ。

音頃綺羅の男殺指数は臨界突破する。

成有空太郎はとあるツテから手に入れた、

”不思議なボイス発生機”

を使用しイケボで女の子たちを操る。

丸見恵美たちに抑えつけられ、
音頃綺羅にもイケボが効き始める。

そこに今まで成有空太郎に利用されてきた女性たちが現れ、
ボコボコにされる成有空太郎。

最後は自業自得だった。

せっかくならもっとJOJOネタを入れて欲しかった(^^;

今回はキズナアイとか声優業界をネタにしていますね。

その界隈は自分は詳しくないので、
知っている人が読んだらもっと面白かったかもしれません。

個人的には成有空太郎というもろJOJOのキャラクターが出てきたのでもっとJOJOネタを入れて欲しかったですね(^^;

成有空太郎がもっと”オラオラ”系だったりとかで。

"声優 食う 太郎"なんてネーミングで、
完全にアニメ化するつもりはなさそうですね^ ^

それにしてもついに立花一平にも
”黒い”と思われてしまいましたね。

正義感からの行動のはずなのに、
実際にやっていることは結構黒かったりするのがこの作品面白いところです。

前話に関してはコチラ ↓↓↓

『男殺しの音頃さん』の1巻が2019.9.12に発売決定!!

「表紙かわいい」と思ったら、
ちゃんと簪から血が滴っていますね。

カラーだととても生々しいです^^

発売楽しみにしています!

男殺しの音頃さん (1) (裏少年サンデーコミックス)

おすすめの記事