十九島信先生/裏サンデーより引用

あらすじ

立花一平(たちばないっぺい)は高校生。そして、童貞…!

ある日、彼の通う高校に転校してきた、容姿端麗!頭脳明晰!運動力抜群!の完璧女子・音頃綺羅(おところきら)さん。

だが彼女には、大きな”ヒミツ”があった…!

令和はウーマン・リブの時代!真の女男平等ハーレムファンタジー!!

第21男 ネタバレ・あらすじ

音頃綺羅たちの車に接近されたジェントルクワトロたち。

グレートダンダマンは自ら囮を買って出る。

その際の話し方で輝谷昴もグレートダンダマンが、
かつて男大団に所属していた行方不明になっていた男だと気がつく。

本名で呼ぼうとすると

「それ以上言うんじゃねえ!」

とグレートダンダマンに制止される。

編集長から

「”あのキャラ”だけは勘弁してくれ」

と圧力がかかっていた。

グレートダンダマンは車から飛び降り、
生身の体で音頃綺羅たちの車を止める。

音頃綺羅たちとグレートダンダマンは対決するために場所を変えることに。

決戦の場は中華料理屋だった。

グレートダンダマンから提案で大食い対決で勝負をすることに。

どの品目で勝負をするのかは音頃綺羅に委ねられた。

餃子チャオズはどうかとグレートダンダマンに聞くと、
その読み方がまずかったらしく他の品目にするように頼むが、
他の品目にしてもグレートダンダマン的には不都合で、
戦う前から精神攻撃を喰らってしまっていた。

結局品目は焼売シウマイになった。

勝負の結果は音頃綺羅の勝ち。

勝負前に決めた約束どおり、
負けたほうが所属する組織を抜けるとうことで、
グレートダンダマンは男大団を辞めることにした。

感想:ドラゴンボールネタが9割で面白かった!

ここぞとばかりにドラゴンボールネタをバンバン放り込んできましたね!

面白かったです。

編集長に止められたという、

「”あのキャラ”だけは勘弁してくれ」

のくだりはガチっぽい感じが伝わって笑えました。

焼売シウマイを応援するところは、
N国党のネタですね。

早いもので四紳士ジェントルクワトロたちも、
二紳士ジェントルドスとなってしまいました。

男大団を倒したらこのマンガも終わりですかね。

時事ネタもパロディネタも面白いので長く続いてくれるとありがたいです。

前話に関してはコチラ ↓↓↓

『男殺しの音頃さん』の1巻が2019.9.12に発売されました!!

「表紙かわいい」と思ったら、
ちゃんと簪から血が滴っていますね。

カラーだととても生々しいです^^

1巻に関してはコチラ ↓↓↓

男殺しの音頃さん (1) (裏少年サンデーコミックス)

おすすめの記事