十九島信先生/裏サンデーより引用

あらすじ

立花一平(たちばないっぺい)は高校生。そして、童貞…!

ある日、彼の通う高校に転校してきた、容姿端麗!頭脳明晰!運動力抜群!の完璧女子・音頃綺羅(おところきら)さん。

だが彼女には、大きな”ヒミツ”があった…!

令和はウーマン・リブの時代!真の女男平等ハーレムファンタジー!!

第24男 ネタバレ・あらすじ

実は主人公である立花一平はeスポーツが得意で、
とある大会の決勝戦にまで進んでいた。

 
対戦相手は天才小学生。

 
結果は、その天才小学生に負けて準優勝だった。

 
数日後、まだ敗戦の悔しさを引きずる立花一平だったが、
音頃綺羅に励ましてもらっている。

 
落ち込んでいた理由が敗戦だけでなく、
優勝者の天才小学生に賞金が支払われていないことも気になっていた。

 
その場で音頃綺羅が事情を調べていくうちに、
あることに気がついてしまう。

 
それはプロゲーマーの中に女性がほとんどいないという事実だった。

 
憤慨した音頃綺羅は男大団が関わっていると見て乗り込むことにした。

 
大日本eスポーツ連合の理事長に面会を取り付ける音頃綺羅たち。

 
早速理事長にプロゲーマーに女性が少ないことを指摘すると、

「そういう問題はクールかつセクシーに取り組むべきだと私は思うね」

とはぐらかすような回答をしてくる理事長。

 
実はこの理事長こそ男大団のすべてを統べる”紳士皇帝”紳士皇太郎であった。

 
立花一平は去りゆく紳士皇太郎を眺めつつ、
男大団と陽女党が本格的に戦争が始まってしまったらと心配になっていた。

感想:今回の時事ネタは小泉進次郎回

今回もめっちゃ面白かったですね!

 
小泉進次郎に対して特別な感情は持っていませんが、
こうやって文字に起こしてみるといかに空虚なことを言っているのかよくわかり、
滑稽さが増してしまいますね。

 
「私も今のままでいいとは思っていないよ…

だからこそこの国のeスポーツ界は今のままではいけないと思っている」

聞いている人になんとなくわかった気にさせる能力がスゴいですね!

 
個人的にはeスポーツの内容が”瀬戸リートファイター”というのも面白かったです。

 
さらにキャラがサヌキエフで胸毛が四国のカタチになっている芸の細かさが最高でした!

男大団と陽女党の最終決戦も近いのでしょうか!?

 
これからも楽しみです!

前話に関してはコチラ ↓↓↓

『男殺しの音頃さん』の1巻が2019.9.12に発売されました!!

「表紙かわいい」と思ったら、
ちゃんと簪から血が滴っていますね。

カラーだととても生々しいです^^

1巻に関してはコチラ ↓↓↓

男殺しの音頃さん (1) (裏少年サンデーコミックス)

おすすめの記事