十九島信先生/裏サンデーより引用

あらすじ

立花一平(たちばないっぺい)は高校生。そして、童貞…!

ある日、彼の通う高校に転校してきた、容姿端麗!頭脳明晰!運動力抜群!の完璧女子・音頃綺羅(おところきら)さん。

だが彼女には、大きな”ヒミツ”があった…!

令和はウーマン・リブの時代!真の女男平等ハーレムファンタジー!!

第28男 ネタバレ・あらすじ

亥斬が帰り支度をしていると男大団の後輩が合コンに誘ってきた。

 
亥斬は女嫌いではあったが大切な後輩の頼みで、
仲間はアイテムじゃないということで引き受けた。

 
いざ合コンが始まってみると、
女性たちはサラダを取り分けてくれたり、
飲み物を気にかけてくれたりと、
予想とはことなりとても楽しいものだった。

 
お会計になり亥斬は

「女性陣は一人千円でいいよ!」

と男気を見せるも女性陣の反応は今ひとつ。

 
さらにはSNSに、
全額奢らなかったことをネタにする投稿をされてしまう。

 
怒った亥斬はそのSNSを炎上させてみたが、
それが陽女党の目に止まってしまう。

 
市長である糧科は、
女男で食事をする際は統計的に女性より男性の方が収入が多いので、
女性との会食時は全額負担を奨励することを制定した。

感想:今回は男大団にまったく落ち度なし(^^;

今回は普通に亥斬がかわいそうな回でしたね。

 
合コンの奢り奢られ問題は誰でも話題にしやすいテーマで、
そこに随所にパロネタ放り込んできましたね。

 
それにしても大佐はガンダムの有名セリフを吐くだけの存在になってしまったのでしょうか(^^;

 
他にもソードアート・オンラインのセリフやまどマギも放り込まれていましたね。

 
展開的には糧科市長の独裁感が際立ってきました。

 
連載当初はどちらかというと男大団が悪者っぽく描かれていましたが、
最近の陽女党の活動は行き過ぎな感じがしますね。

 
どちらか一方が善で、
どちらか一方が悪という単純な内容ではなくなってきました。

 
このマンガ、なにか深みがでてきましたね。

前話に関してはコチラ ↓↓↓

『男殺しの音頃さん』の1巻が2019.9.12に発売されました!!

「表紙かわいい」と思ったら、
ちゃんと簪から血が滴っていますね。

カラーだととても生々しいです^^

1巻に関してはコチラ ↓↓↓

男殺しの音頃さん (1) (裏少年サンデーコミックス)

おすすめの記事