あらすじ
目が覚めると、そこは見知らぬ森だった……。掲載ギリギリの“最恐デスゲーム”が今、始まる。

神様ですげェむ 主要キャラ

ジンゴ:カタギではない サスペンスやデスゲームで最初に殺されそうなヤツ

ムロ:クールな天才小学生 小学6年生

神様ですげェむ 一柱目〜三柱目:あらすじ

あらすじの前に大事なお知らせ!?

「この作品には ホラーグロテスクなどの過激な表現が含まれます。 耐性のない方は、これより先に進まないように注意してください。」

一柱目:あらすじ

気がつくと森の中に中学生の男女2人と中年男性(ジンゴ)がいた。

中学生はさっきまで学校にいたはず。

中学生の男女の手と脚に、
それぞれ同じマークが入っている。

二人一組のようだ。

ジンゴの背後から、
突如なにかが現れ、
まず女子中学生が潰されてしまう。

次に男子中学生も潰されてしまう。

ジンゴも潰されてしまいそうな時、
足から紐のようなもので引っ掛けられ、
木に吊るされる。

そのお陰で助かったみたいなものだが、
木の上には小学生(ムロ)がいた。

二柱目:あらすじ

その小学生にはジンゴと同じマークが鎖骨の下に入っていた。

ムロとジンゴが木から降りると、
またべつの化け物が襲いかかってきた。

一見女性のような化け物だが、
下半身は男性っぽく、
ブリッジの姿勢でジンゴに向かってくる。

逃げる途中ムロは体力が尽きてしまうが、
ジンゴに肩車をしてもらい一緒に逃げる。

ムロはなんとおか木の上に移動したが、
ジンゴは化け物に捕まってしまった。

そこでムロが上からランドセルを化け物に落とした。

化け物はその場から去った。

一難は去ったようだが、
今度は喋るニワトリが現れた。

三柱目:あらすじ

ニワトリが言うには

「1次通過」

したと。

そして森の中から、
ジンゴとムロ以外の組み合わせが他に3組出てきた。
これから神とのお遊ギが始まると。

”神様ですげェむ”良い意味で期待を裏切り続けてくれそう

1話目で一気にファンになりました。

完全に男女の中学生たちが主人公かと思っていたら、
あんまりパッとしなさそうなジンゴが主人公に。

意外とはいえ、
そこまでレアな展開ではないのですが、
見せ方はすごく上手かったので、
いきなり良い意味で裏切られた感じです(^^;

あのたったの1話のなかだけで、
あれだけの構成力を発揮して頂いたので、
今後の展開も超楽しみです!

町田ジョウ先生のツイッターによると

「設定にも力を入れている」とか

「これからこのゲームの目的やこの場所の謎、神様の謎やジンゴ達の過去など、盛り沢山なのじゃ…!」

とあるので、
まだまだこれからたくさんの仕掛けが楽しみですね。

あと、
ホラー、グロということで、
ところどころ楳図かずお先生の絵柄を彷彿とさせますね。

おすすめの記事