あらすじ

富士山が噴火して以来、日本の、そしてこの街の夜が一変した――
火山灰をかぶった一部の人間達は驚異的な力を誇る闘争型ヴァンパイアとなり血で血を洗う殺し合いを開始!トップに立った者は全世界を支配するルールの中で、落ちぶれた令嬢が這い上がる!!

表現コードギリギリの筆致で描く閲覧注意のダークホラーバトル、開幕!!!!!!

裏サンデー作品紹介ページより引用

第88話:あらすじ・ネタバレ

心臓を確実に爆破したと思っていた霧島だが、
堂島は生きて手負いの霧島の前に現れる。

日ノ元たちの追っても迫ってきている。

堂島はあえて霧島を匿うことにした。

日ノ元たちも堂島が生きていることに驚く。

堂島は

「内通者が逃げてしまう」

と日ノ元たちに追跡を促す。

日ノ元と二人きりになれた堂島は、
日ノ元に謝罪を要求する。

日ノ元は謝罪と信頼を示すために、
地に頭をつけて土下座をしてみせる。

また、
ドミノとの決戦は

「7日後」

だという情報を知らせる。

無事にその場を離れた堂島と霧島。

霧島は任務を果たせそうなことと、
巨悪である日ノ元の土下座を見れたことで機嫌が良さそうだ。

ゴールデンパームのパスワードをパソコンに打ち込んだところで、
堂島に斬られてしまう。

7日後の決戦を荒らせる材料が揃いつつあり悦に入る堂島。

”7日後”は偽情報!?

個人的には日ノ元は堂島がどこかと繋がっていることを見通しているかと思っています。

「7日後」というのも偽情報で、
ドミノたちを欺くために堂島に吹き込んだのではないかと思います。

そのためにあえて土下座までしてみせ、
偽情報を信頼の証として受け取らせるための演出かと。

それにしても”内通者編”はダークな展開になり読み応えがありましたね!

堂島のこの表情の後で霧島を斬るなんて思いもよりませんでした。

霧島のセリフの

「アナタはヒーローにはなれない。」

というセリフは今後の堂島の運命を示唆しているように感じました。

「その場の都合で信念を曲げる…」

霧島からの負け惜しみからではない、
堂島の本質をついた言葉のように思います。

今話では堂島に起こったことの全てがフラグに思えてしまいました。
”血と灰の女王”をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事