あらすじ

富士山が噴火して以来、日本の、そしてこの街の夜が一変した――
火山灰をかぶった一部の人間達は驚異的な力を誇る闘争型ヴァンパイアとなり血で血を洗う殺し合いを開始!トップに立った者は全世界を支配するルールの中で、落ちぶれた令嬢が這い上がる!!

表現コードギリギリの筆致で描く閲覧注意のダークホラーバトル、開幕!!!!!!

裏サンデー作品紹介ページより引用

第89話:あらすじ・ネタバレ

堂島から決戦は7日後という情報を受け取るドミノ。

世間ではまだほとんど認知されていないヴァンパイアによる事件で、
不穏な空気が漂っている。

善たちは温泉に入っていた。

善、七原、阿久津でサウナの我慢対決をしていた。

七原は10分で出ていき、
善は30分で限界。

勝者は阿久津だった。

大浴場内でも京児はいつもの京児らしく振る舞っていた。

温泉といえば覗きということで、
七原は善をダシに覗きに挑戦してみる。

衝立をわざと倒し男湯の先には、
一糸まとわぬ明の姿が。

がっかりする七原。

明は善には恥ずかしげだ。

そして7日後の決戦に向けた作戦会議が始まる。

燦然党兵力148名 ドミノたちは26名

兵力には大きな差がある。

絶妙な京児の世間ズレ感

激戦が始まる前の和やかな回という印象でした。

京児は出てくる度に絶妙な世間ズレ感で楽しませてくれます。

周りを小馬鹿にしている京児を見ているのは本当に楽しいですね!

ドミノ・ゴールデンパームの連合軍兵力26に対し、
燦然党は148!

圧倒的な差があるだけに、
堂島の活躍というか暗躍が勝負の分け目になりそうです。

善と明の関係性もちょっとずつ変化し始めて、
こちらも今後が楽しみです。

”血と灰の女王”をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事