あらすじ

富士山が噴火して以来、日本の、そしてこの街の夜が一変した――
火山灰をかぶった一部の人間達は驚異的な力を誇る闘争型ヴァンパイアとなり血で血を洗う殺し合いを開始!トップに立った者は全世界を支配するルールの中で、落ちぶれた令嬢が這い上がる!!

表現コードギリギリの筆致で描く閲覧注意のダークホラーバトル、開幕!!!!!!

裏サンデー作品紹介ページより引用

第89話(後編):あらすじ・ネタバレ

前話から作戦会議の続き。

 
数では燦然党に及ばないが、
ヴァンパイアの頂点である真祖が二人いることがドミノ側の利点だ。

 
作戦会議後、
一人考え事をする善にドミノがコーヒーを差し入れする。

 
ドミノは善との何気ない会話からも、
善の腹の括り具合を確信する。

 
ドミノは善が堂島と決着をつける心づもりいることを悟る。

 
そして堂島からの情報通りに、
決戦の7日後がやってきた。

善の達観は死亡フラグか!?

今話を読んで、
善が戦いを受け入れ達観しているように思える描写が、
なんだか善の死亡フラグに見えてしまいました(^^;

 
これから死にゆく者の覚悟の表れのような。

 

個人的にこちらのコマがすごく好きです
 

ちなみに決戦は7日後というのは、
日ノ元が堂島に流したデマ情報かと勘ぐっていましたが、
全く外れていました。

 
きっちり7日後に襲撃してきましたね。

これからの戦いの見どころ

ヴァンパイア同士の大規模な戦いになる前に、
戦いの見どころをさらっておきます。

対戦予想
  1. ドミノ&ユーベン VS 日ノ元士郎
  2. 狩野京児 VS 風見 涼
  3. 佐原善 VS 堂島正
  4. 七原 健 VS 立花 綺羅々
  5. 日ノ元 明 VS ガイコツ?

基本的にはこのようなぶつかり方になると思いますが、
明は士郎を狙いたいでしょうし、
火防や阿久津の存在が局面をかき乱しそうです。

 
ユーベンも目的は日ノ元の遺灰物(クレメイン)でもあるので、
直接的には戦わずに雑魚どもを一掃する役割かもしれません。

 
これからの展開は人間ドラマのような内面の描写よりは、
バトルシーンに多くのコマが割かれ、
話の展開はペースダウンしそうですね。

 
また、
決戦の後には真の王との戦いも控えていそうなので、
まだまだ先は長そうですえね。

”血と灰の女王”をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事