あらすじ

富士山が噴火して以来、日本の、そしてこの街の夜が一変した――
火山灰をかぶった一部の人間達は驚異的な力を誇る闘争型ヴァンパイアとなり血で血を洗う殺し合いを開始!トップに立った者は全世界を支配するルールの中で、落ちぶれた令嬢が這い上がる!!

表現コードギリギリの筆致で描く閲覧注意のダークホラーバトル、開幕!!!!!!

裏サンデー作品紹介ページより引用

第91話:あらすじ・ネタバレ

立花は消える能力を駆使して、
着実に海岸へと近づいてきている。

 
一方で京児たちも七原の嗅覚を頼りに、
立花をなんとか補足しながら攻撃をしている。

 
嗅覚のみでは性格な場所を把握ができず、
威力が弱い広範囲への攻撃ため、
ダメージを喰らいながらも立花は京児達の遠隔攻撃を突破した。

 
立花は京児達の位置も正確に把握して攻撃をしかける。

 
振り上げた拳を七原に下ろそうとするも、
一瞬の躊躇の間に水波に動きを止められてしまう。

 
本来ならドミノにかますはずだったDナイトを、
その場を凌ぐために使ってしまう立花。

 
強烈な一撃が来ることを察した京児達は七原の加速の能力でその場を離れる。

 
もとより立花を殺すつもりは作戦の中にはなかった。

 
海岸にはハエの能力を持った新手が到着していた。

立花の寝返りはあるか!?

さすがに立花がボコられている姿は読んでいて心が痛みますね(^^;

 
情に厚い良いキャラをしているので、
長く活躍して欲しいなと思います。

 
七原への攻撃に躊躇してしまうあたり、
すごく人間味があっていいですよね。

作戦の中には立花を殺すつもりはないようで、
説得をかけるようなことも描いてあったので、
できれば立花には素直に説得に応じて欲しいところです。

ハエっぽいゲスい奴は是非ボコボコになってほしい^^

立花はキャラ的に残酷な扱いがしづらいところもありそうですが、
今週の最後にでてきたハエっぽいキャラは中身がゲスいので徹底的にやって欲しいです。

 
これぞダークファンタジーならではのキツイ描写でボコボコになったらいいと思います^^

 
バコハジメ先生はキャラへ感情移入させるのが上手いですよね❗

 
次週も楽しみです❗

チームドミノの戦力分析はコチラ ↓↓↓

”血と灰の女王”をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事