あらすじ

富士山が噴火して以来、日本の、そしてこの街の夜が一変した――
火山灰をかぶった一部の人間達は驚異的な力を誇る闘争型ヴァンパイアとなり血で血を洗う殺し合いを開始!トップに立った者は全世界を支配するルールの中で、落ちぶれた令嬢が這い上がる!!

表現コードギリギリの筆致で描く閲覧注意のダークホラーバトル、開幕!!!!!!

裏サンデー作品紹介ページより引用

主要人物

佐神 善

ドミノ・サザーランド

狩野 京児

1巻:あらすじ・ネタバレ

1話から9話まで収録。

佐神 善がヴァンパイア化し、
ドミノと協力(下僕化)する関係に。

ドミノの目的はヴァンパイアの王になること。

佐神の目的はこれ以上街の人がヴァンパイに殺されないように守るために。

ドミノは佐神をテストするために、
狩野 京児と戦わせることにする。

実は狩野京児もドミノの下僕であった。

佐神と狩野は互いに認められるところがあることを確認し合うまで。

1巻:考察

手術の成功率が5割の病気とは!?

佐神が幼少の頃にかかった大病とはなんでしょう。

今後明らかになっていくのか、
それとも特に物語とは関係のないくだりなのでしょうか。

いずれにせよ、
佐神がヴァンパイア化するうえでの重要な体験となったことは間違い無さそうです。

ドミノは血を吸わなくても勝てるから吸わない!?

元から持っている闘争心の強弱で、
ヴァンパイア化したときの強さが決まるようです。

現段階では最強クラスと思えるドミノは、
血を吸わなくても勝てるくらいにすでに強いようです。

ドミノの闘争心は半端ない強さなのでしょう。

佐神が入院中に出会った女の子とは?ドミノ?

佐神が幼少の頃の入院中に出会っていた女の子。

髪の感じからドミノが少女だったころなのかと推察。

何度も手術をしたという経験が、
今のドミノの強さの源泉にもなっているかと。

どうなんでしょう(^^;

1巻:感想 主要キャラのほとんどがサイコパス!?

この作品に一番感じた魅力は佐神のサイコパシーです。

善行を積んでいく性格でありながらも、
真っ直ぐすぎる正義感からか、
一般の常識からはズレた行動に繋がっていくのが良いですね^^

猫の死骸にまで思いやりを持てるのはやや常軌を逸しているかと。

そんな佐神の実家は教会になっており、
教会の息子がヴァンパイア化してしまうという皮肉がいいですよね^^

あと、
物語の目的もハッキリしているの読みやすいです。

ドミノはヴァンパイアの王になることが目的と謳っています。

王になれるのか、王になってどうしたいのか、
今後の展開が楽しみです^^

”血と灰の女王”をお得に楽しむなら↓↓↓

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事